Google
WWW を検索 www.sen-ichi.com 内を検索

安心丸Super 有害電磁波 原因不明 体調不良








電磁波とは何か、また電磁波の分類
マックスウエルが電磁波の存在を予言したのが1861年。
電場の変化が電磁をつくり、反対に磁場の変化が電場をつくることから、電場と磁場は交互に相手を作りだしながら空間を進んでいくと考えられた。
1888年にヘルツが実験的に存在を証明した。

電場と磁場が相手を作りだしながら空間を波のように走るので「電磁波」と呼ばれ、電磁と磁場は不即不離の関係にある。
電磁波とは電場と磁場が互いに影響を及ぼしつつ空間を進行する波動であり、波動である以上、電磁波にはエネルギーの大小があると考えられる。
それぞれの強さを表現するのに、電界成分の強さを「ミリボルト/平方cm」で、磁界成分の強さを「ミリガウス(mG)」といった単位であらわすことになっている。

ヘルツの実験的証明以来、すでに100年以上を経過しているが、電磁波については依然として分かっていない点も多い。
ガンマー線やX線といった放射線が人体に有害であること(ガン・白血病など)は古くから知られている。
医療現場でもX線被爆が極めて危険であるから、レントゲン技師は鉛の入った隔壁の向こうから、患者にマイクで指示を出している。
X線に被爆しているのは患者さんだけで、相当数の体細胞が死滅していることは歴然たる事実である。

また紫外線の害もよく知られている。(白内障・皮膚ガン)
放射線から紫外線くらいまでの電磁波の恐ろしさは、昔からよく認識されてきているが、戦後の70年代から最近にかけて浮上してきたのが「マイクロ波」以下のいわゆる電波領域、さらには従来は全く問題にもされてこなかった緩やかに振動する静磁界から、身の回りにある超低周波の商用電気(50〜60Hz)がもたらす人体への影響である。



マイクロ波
第二次大戦中、アメリカのレーダー製造工場の技術者、海軍の通信兵たちの間では、「レーダー工場で働くと、子供ができなくなる」「レーダー室で勤務しているとハゲになる」ということが、なかば常識化していた。
実際にレーダー技術者やパイロットの間で白内障が広がっていたのである。
眼の水晶体や睾玉には血管がない。発熱しても、血管があれば血液が熱を運び去るから、細胞損傷には至りにくいが、血管のない場所では熱による変性が起こることが判明している。
(これを電波の「熱効果」「熱作用」と呼ぶ。)
事実、戦後に家庭用に売り出されることになる電子レンジは、レーダーの電波(マイクロ波)による発熱がヒントになって生れたものである(レーセオン社)。
しかし、当時は家庭用の電子レンジ程度のマイクロ波の危険性に対する認識がほとんどなかったから、安全装置をもたない初期の電子レンジを使った主婦たちは、漏洩するマイクロ波による白内障という悲劇を体験しなければならなかったのである。

昨今、問題となっている有害電磁波というのは、特に高圧送電線、変電所、家電製品から発生する超低周波携帯電話や電子レンジから出るマイクロ波のことをさします。

★以下のものから出る有害電磁波にも要注意です。
・太陽光発電    ・電気系統が複雑なハイブリッドカー
・乗り物の中(通路側より窓側、中央より連結近くが強い)
・蛍光灯や一部のLED電球     ・歯に使われた金属が電磁波のアンテナに?!





≪参考メモ≫


≪参考メモ≫   ハイテク社会の新しい病気:電磁波過敏症について
「電磁波過敏症」とは、電磁波に過敏なため、身の回りにある微弱な電磁波を浴びただけでも、頭痛や吐き気、不眠などの症状が起きる病気です。
日本では、まだ認知されていない病気ですが、電磁波対策先進国のスウェーデンやデンマークでは認知されており、公的保険の対象になっています。
スエェーデンとドイツでは9%、イギリスでは11%、オーストリアでは13.3%が電磁波過敏症を発症していると考えられています。(2003年〜2004年調査)
18年間で150倍に増えています。
日本での調査は行われていません。
<職域の理解が得にくい>
普通の人なら何も感じないのに、たとえ微弱な電磁波(電磁場)でも、頭痛・めまい・吐き気・視力障害・けだるさ・疲労感を感じる人がいる。
いわば「電磁波アレルギー」というべきものである。
他人にはなかなか体感できない症状であるため、理解が得られることが少なく、ひとりで悩んでる場合が多い。
この電磁波アレルギーを最初に指摘したのは「R.ベッカー教授」であるが、教授はこの電磁波過敏症と慢性疲労症候群の原因は共通のものではないかという指摘を併せて行っている。
テクノストレスの多くが、電磁波と関連しているというわけである。

<顔面発疹>
アレルギーに分類すべきかどうかは分からないが、コンピューター作業に従事する人に顔面発疹の症例が多発していることは事実である。
顔が赤くなる症状である。
コンピューターの画面は静電気が起きやすい(打ち付けられる電子ビームによる)。
オルセン博士(ノルウェー)によると、画面の静電気と画面の前にいるオペレーター自身が蓄積してしまう静電気の双方が関係していると指摘している。
つまり、画面と同様、顔面の皮膚の静電気が汚染物質を呼び寄せるという解釈である。
(顔は常に画面と対面しているし、衣服で蔽われていない。

<携帯電話の熱作用>
携帯電話を使うと、実際に頭痛が起こるという人は相当の数になるはずである。
頭痛の原因が電話にあることを意識していない人も多いことだろう。
しかし、頭痛程度ではまだまだ過敏症は低いと言える。
なぜなら、「携帯電話をかけていると、頭の中が熱くなる」と、文字通りにマイクロ波の「熱作用」を体感していることを証言する人が実在するからである。
≪参考メモ≫  <電磁波過敏症の13の症状>(ウィリアムレイ博士による)
●目の症状   :見えにくい、目が痛い、目がうずく等
●皮膚の症状  :乾燥する、赤くなる、できもの等
●鼻の症状   :鼻づまり、鼻水等
●顔の痛み   :顔がほてる、むくむ、水泡、ヒリヒリする
●口の症状   :口内炎、メタリックな味がする
●歯や顎     :歯や顎の痛み
●粘膜の症状  :乾燥、異常な乾き
●頭痛       :単なる頭痛のみならず記憶喪失やうつ症状まで
●疲労      :異常な疲れ、集中力の欠如
●めまい     :気を失いそうな感覚、吐き気
●関節痛     :肩こり、腕や関節の痛み
●呼吸      :呼吸困難、動悸
●しびれ     :腕や足のしびれ、まひ
目に見えない電磁波を避けるには、とにかく「電磁波を発するものから離れる」「子供から遠ざける」「使用しないときはこまめに電源を切る」ことです。
とくに携帯電話は気をつけましょう。

子供の脳は小さく、頭がい骨が薄く、また体全体の水分が大人より多いため、電磁波の影響を受けやすいと言われています。
出来るだけ持たせないようにして、もし持たせる必要がある場合は電磁波の弱い機種を選び、イヤホンマイクで話す、通話は用件が終わり次第すぐ切る、アラーム代わりに頭の近くに置かないようにしましょう。
同じ環境にいても、電磁波の影響を強く受ける人とそうでない人がいます。
免疫力に差があると思われます。



有害電磁波に対する有効性のメカニズム
<磁場情報伝達説> 米国・Dr.J.Benveniste(ベンベニスト医学博士)
「生理活性物質」をOUT側に置き、一方IN側には蒸留水の入ったコップを置いておき、OUTからINに向けて超微弱な電流(電磁波)を流すと、コップに入った蒸留水はやがて「性活性物質の情報を持った水」に変化するという説。
即ち、身体の免疫力を高める作用のある「安心丸Super」を有害電磁波の発生源に取り付けることにより、【「安心丸Super」のもつ免疫力アップ情報(+)】は有害電磁波に乗って人体に飛んでくる(伝達される)ことで、有害電磁波による免疫力低下作用(−)を相殺・中和してさらには免疫力の高い状態(無害)を作ってくれるというものです。

【ご注意】
この商品は物理的に電磁波を遮断するものではなく、従って磁場計測器(ガウスメーター)で測定しても磁場が減するものではありません。
ガウスメーターは磁場のレベルを物理的に測定する機器にすぎず、人体への生体的なレベルでのダメージ(免疫力を低下させる)を測定するものではありません。

波動測定器により効果を科学的に実証!!

■測定機器:HADO-R  ■測定日:2012.10.3  ■被験者:17才女性
■測定基準:+21〜−21の範囲で測定(+14〜+17人間なら大変健康/
                         +0〜+6人間なら不調が常態化)
■測定方法:まず「安心丸Super」の生体機能(免疫力他)へのプラス作用を確認
〜 有害電磁波を浴びた場合のダメージの有無を確認 〜
?オリジナルマーク“大安心”(カタチと色と言葉の複合エネルギー体)のもつ生体へのプラス作用を測定。
?「安心丸Super」の生体へのプラス作用を測定
?スマートホンの電磁波による生体へのダメージを測定
?「安心丸Super」のついたスマートホンの生体へのプラス作用を測定
〜 測定データから判ること 〜
波動理論の立場からみて、
●「安心丸Super」はペンダント等に添付して身体に身に着けているだけで生体機能がアップすることが判ります。  【 平均値+2.2 ⇒ ?+11.4 】
●「安心丸Super」は有害電磁波に対してダメージを受けないどころか、むしろ生体機能がアップすることが判ります。  【 平均値+2.2 ⇒ ?+13.2 】

「安心丸Super」について
セラミックパウダーシートは13種類の各種特殊セラミックパウダー(独自の技術でセラミック化)を特殊技術により布生地の裏表に塗布したもので、大量のマイナスイオンを発生しております。

※使用例(非売品)
「安心丸Super」は通常有害電磁波発生源に添付して活用するものですが、【護身用】としてお手元のカード・名刺入れ・ペンダント等に添付して常に身に着けることにより、外出時に周辺(電車・車・隣人の携帯電話等)から受ける有害電磁波からのダメージ対策として活用することもできます。
更に、波動測定値を見て判るように身につけているだけで免疫力他のすべての数値をアップさせる働きがありますので、有害電磁波とは関係なくペンダント等の裏に貼って常に身につけているだけでドンドン元気になっていく超スグレモノなのです。

取り付け方法と使用可能期間
<取り付け方法>
台紙から丸いシールをはがして、対象の電気製品・電子機器等の前面または背面の表面の汚れをよく拭き取ってから貼り付けてください。
(※携帯/スマホに貼る場合は、はがれ防止のため保護カバーケースの内側または機器の上蓋を外して内部バッテリー等に貼ってください)

★原則として一つの機器に4枚ですが、強力な有害電磁波を発生する機器または長時間使用する機器については6〜8枚をお勧めします。
(例) 携帯/スマホ、ゲーム機、パソコン ⇒ 4枚
    電子レンジ、IHクッキング ⇒ 8枚(正面4枚・天面4枚)

★パソコンについてはディスプレイからの強力な電磁波以外にも、同時にキーボードから常時3〜5mG程度が出ている。
キーボードの場合は、指先との距離が0?であることが最大の懸念となる。
長時間使用者は安全のため、キーボードの4隅にも「安心丸Super」を付けることをおススメします。
敏感な人は軽く指先をキーの上に乗せるだけで、かすかにビリビリするような感触を感じることがある。
比較のため、指を例えば机の上に移すとこの感触が消えるのが分かる方もいます。
(使用例)

<使用可能時間>
使用に伴い少しずつ効果が減衰しますので、約2年を目安に交換してください。
(日常的に体調不良の方は1年程度での早めの交換をお勧めします)

〜「安心丸Super」開発者から聴いた一口メモ〜
【子供の「白内障」や「原因不明の頭痛」が激増中!!】
かつて、このような症状は子供たちではありませんでしたが、これらの原因は「ゲーム機」や「携帯/スマホ」の可能性がとても高いと推測されます。
そもそも白内障は60〜70代から上のお年寄りがなるものとみなさん考えておられると思いますが、実は最近「子供白内障が増えている」という報告が私のところにありました。
白内障には老人性と若年性の2種類があり、若年性の白内障は電磁波が原因だといわれています。
なぜならば、老人性は眼球の前方から白濁していくのに対し、若年性は眼球の後方から白濁していくという特徴があるのです。

ある学校の学級通信で「最近、原因不明の頭痛が原因の欠席生徒が急増」しているという報告がありました。
これは「ゲーム機」や「携帯/スマホ」の可能性が高いでしょう。


あまりにも商品力が高いので実はこの商品
10日間お試し・返品OK!
携帯/スマホ・パソコンの長時間使用による体調不良に対して
商品購入後10日以内に体感できない場合は、商品代金全額をお返し致します。
(但し、使用済みを含めて商品(12枚)と引き替えが条件となります)


信頼のブランド「安心丸」の過去の採用実績は以下の通りです
国内 歯科東洋医学会会員、歯科医グループ、防衛庁(防衛弘済会)、ANA機内誌通販、東急ハンズ等
海外 台湾、フランス、ロシア、南アフリカ

有害電磁波から身を守る!! 【安心丸Super】
●内容量:12枚入りシート(3セット分)
●原料素材:ラミネート保護フィルム、大安心マーク、セラミックパウダーシート、両面テープ、ハク離紙
3,800円(本体価格3,800円)

数量 

お支払方法などについて
次回からは割引購入できる!千載一遇健康倶楽部会員について



この商品を買った人はこんな商品も買っています


TOP当倶楽部の理念体の中から体の外から特定商取引に基づく記述お客様情報保護について




千載一遇健康倶楽部(株式会社アクセス マネジメント)
東京都品川区西五反田2-24-9 五反田Nビル10F
TEL:0120-831-083(受付時間/平日 AM9:30〜PM6:00)
FAX:03-5496-8796(受付/24時間)


千載一遇健康倶楽部 Copyright (c) 2005 All Rights Reserved. 無断転載・転用・引用禁止